HOME > 最新情報 > アーカイブ > ミステリ本

ミステリ本

『黒龍荘の惨劇』岡田秀文 著/読了

『黒龍荘の惨劇』岡田秀文 著/読了

明治二十六年、かつて伊東博文邸で共に書生として過ごした月輪龍太郎は、今では「月輪萬相談所」という探偵社を開いていた。その月輪のもとに、山縣有朋の別邸・黒龍荘で起きた殺人事件の謎を解明してほしいとの...続きを読む

『屍人荘の殺人』今村昌弘 著/読了

『屍人荘の殺人』今村昌弘 著/読了

昨年の最後に読んだ一冊がコレ。大晦日の慌ただしい時に読んでました。話題になっていた作品ですが、帯にも書かれているように、まったく書評が書けない作品です。つまりどの角度から感想を書いても、物語に関し...続きを読む

『緑の家の女』逢坂剛 著/読了

『緑の家の女』逢坂剛 著/読了

95年に出版された『ハポン追跡』を改題、修正した短編集。逢坂さんの作風は幅が広く、バリバリのハードボイルドから時代劇や西部劇ものまで書かれている。またTVドラマ化されたシリーズも多いので、「読んだ...続きを読む

『貘の檻』道尾秀介 著/読了

『貘の檻』道尾秀介 著/読了

ミステリ小説を、たんに「謎解きの物語」だと思われている方は、意外と多いのかもしれません。確かにそれは大切な要素であり、提示された謎が不可解なほど、読むほどに期待が増し、真相に辿り着いた時に納得や感...続きを読む

『パレートの誤算』柚月裕子著/読了

『パレートの誤算』柚月裕子著/読了

市役所の社会福祉課に勤務するケースワーカーが、生活保護受給者の住むアパートで焼死するという事件が起きた。その死を切っ掛けに、善良で面倒見の良いケースワーカーに、裏の顔が見え隠れし始める。生活保護受...続きを読む

『僕の殺人』太田忠司 著/読了

『僕の殺人』太田忠司 著/読了

『僕の殺人』は、1990年に長辺作品とした書かれたデビュー作。その後、絶版となっていのですが、少し前に復刊されました。主人公は十五歳の僕、ですから青春ミステリのジャンルに入るのかもしれませんが、ジ...続きを読む

『神様の裏の顔』藤崎翔 著/読了 

『神様の裏の顔』藤崎翔 著/読了 

誰からも慕われ尊敬される教師、坪井誠造氏が心不全で亡くなった。物語は、その坪井氏の葬儀の場面から始まる。大勢の弔問客が集まった通夜の会場は、弔問客の大部分が泣いている、いや号泣と言っても良いだろう...続きを読む

『プラージュ』誉田哲也著/読了

『プラージュ』誉田哲也著/読了

仕事も恋愛も上手くいかない冴えないサラリーマンの貴生は、ほんの出来心で使用した覚醒剤が見付かり逮捕される。執行猶予が付いたものの、仕事を無くし、住んでいたアパートも火事で焼きだされ、何もかもを無く...続きを読む

『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん読了

『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん読了

東京南西部最大の都市まほろ。駅前で便利屋を営む多田と同級生の居候、行天。毎日忙しく依頼をこなす便利屋の元に、4歳の娘「はる」を預かってほしいとの依頼が舞い込む。はるは遺伝子的には行天の娘なのだが、...続きを読む

『インデックス』誉田哲也著/読了

『インデックス』誉田哲也著/読了

裏社会の悪党が次々と惨殺された「ブルー・マーダー事件」から時が経ち、姫川班は解体され、今は池袋の所轄に配属されている姫川警部補。いつかは本庁に戻り、旧姫川班を復活させたいと考えていた。そんな姫川が...続きを読む

『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川有栖 著/読了

『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川有栖 著/読了

本にも、その本を読むのに適した季節があります。例えば春、いつもより早く目覚めた朝に読むと、物語がグッと心に迫る本あれば、秋の夜に虫の声を聴きながら読むと、大きく感情を揺さぶられてしまう物語もありま...続きを読む

『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川有栖 著

『濱地健三郎の霊なる事件簿』有栖川有栖 著

有栖川さんの新刊『濱地健三郎の霊なる事件簿』を、頂戴致しました。いつも気に掛けていただき恐縮です。 書名の「霊なる」は、「くしびなる」と、ルビが振られています。これは不思議なこと、人知では計り...続きを読む

最近の画像

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム
  • 0465-35-1464

このページのトップへ