HOME > 最新情報 > アーカイブ > ミステリ本

ミステリ本

『ミステリ国の人々』有栖川有栖著/読了

『ミステリ国の人々』有栖川有栖著/読了

ミステリ作家の有栖川さんが書かれたエッセイ集で、ミステリ小説の世界に登場する探偵や犯人といった様々な人物にスポットを当て、それらの人物を紹介する形で、ミステリの楽しさを語った一冊です。紹介されたミ...続きを読む

『ケモノの城』誉田哲也 著/読了

『ケモノの城』誉田哲也 著/読了

17歳の少女が警察に保護を求めてきた。少女に暴行を加えていた女・アツコを逮捕するが、彼女もまた全身に暴行を受けた痕があった。事件の詳細を供述をしない少女とアツコだったが、やがて少女が口を開く。「お...続きを読む

『月光』誉田哲也 著/読了

『月光』誉田哲也 著/読了

棚林高校に通う姉・涼子は、可愛くて面倒見の良い、誰からも好かれる三年生。だがある日、バイクに撥ねられて死んでしまう。撥ねられた場所は、家からずっと離れた場所。撥ねたバイクを運転していたのは、なぜか...続きを読む

『首折り男のための協奏曲』伊坂幸太郎著/読了

『首折り男のための協奏曲』伊坂幸太郎著/読了

被害者の首を一瞬で首をひねり殺す殺人犯、その名も「首折り男」。老夫婦は隣に住む男が、首折り男なのではないかと疑いを抱く。同級生にいじめられる少年は、「彼」に助けられる。合コンの席では、首折り男の話...続きを読む

『ミステリ国の人々』有栖川有栖著

『ミステリ国の人々』有栖川有栖著

日本経済出版社さんから、有栖川有栖さんの新刊エッセイ『ミステリ国の人々』が、出版されました。本書はミステリ界を一つの国に見立て、その中に住む探偵は勿論、脇役や謎の人物、そんな人たちに注目し、ミステ...続きを読む

『歌舞伎町ダムド』誉田哲也著/読了

『歌舞伎町ダムド』誉田哲也著/読了

新宿歌舞伎町のホテルの一室から、全裸の男女の遺体が見付かった。それは7年前の新宿歌舞伎町封鎖事件でジウと出会い、自らがジウの後継者に成ろうとするダムドの仕業だった。殺戮を楽しむジウの後継者ダムド、...続きを読む

『狩人の悪夢』有栖川有栖著/読了 

『狩人の悪夢』有栖川有栖著/読了 

ホラー小説の大家・白布施正都との対談を切っ掛けに、白布施の自邸に招兼ねることになった推理小説作家の有栖川。白布施の家には、眠ると必ず悪夢を見ると言われる部屋があり、興味を抱いて出掛けるのだが、そこ...続きを読む

『かくして殺人へ』カーター・ディクスン著 読了

『かくして殺人へ』カーター・ディクスン著 読了

牧師の娘モニカが初めて書いた小説が大ヒット。その評判を聞きつけた映画のプロデューサーから、脚本家として招かれることになった。だがロンドン近郊の映画撮影所に着いた当日から、なぜか命を狙われる羽目にな...続きを読む

『狩人の悪夢』有栖川有栖著 

『狩人の悪夢』有栖川有栖著 

有栖川さんの新刊『狩人の悪夢』を、頂戴しました。本作は2015年の秋に発刊された『鍵の掛かった男』に続く、火村シリーズの長編作だそうです。前作ではミステリ作家のアリスが活躍していましたが、本作はど...続きを読む

『かくして殺人へ』カーター・ディクスン著

『かくして殺人へ』カーター・ディクスン著

1940年に刊行された作品が、翻訳も新たに創元推理文庫から出版されます。書店に並ぶのは月末だと思いますが、一足お先に頂戴してしまいました。 カーは御無沙汰しているので、とっても嬉しいです! 今...続きを読む

『the TEAM ザ・チーム』井上夢人著/読了

『the TEAM ザ・チーム』井上夢人著/読了

霊導士・能城あや子は、TV番組で人気のコーナーを持つ霊能力者。どんな人の悩みにも、ズバリズバリと悩みの根源を読み取り、驚くような助言を与える。その霊能力には、ただただ驚かされるばかり。実は彼女には...続きを読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田まほかる著/読了

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田まほかる著/読了

八年前に分かれた黒崎を忘れられない十和子は、寂しさを埋めるために十五歳年上の陣冶と暮らしていた。心の中では陣冶の下卑て粗野で卑屈な性格を嫌いながらも、寂しさから離れることが出来ずにいた。そんな十和...続きを読む

最近の画像

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム
  • 0465-35-1464

このページのトップへ