HOME > 最新情報 > アーカイブ > BLOG -建築的じゃない日々-

BLOG -建築的じゃない日々-

RBFフラグ

RBFフラグ

REMOVE BEFORE FLIGHT 、略してRBF。「飛行前に取り外す」という意味ですが、このフラグが付けられているのは、主に戦闘機です。戦闘機が飛行前する前に、取り外さなければならない安全...続きを読む

基礎配筋検査

基礎配筋検査

ガレージ付き賃貸住宅『丹沢BASE』の配筋検査。瑕疵保障の検査を受け、建設会社の社内検査を経て事務所検査。もう私が見る箇所なんて、ほとんどありません。 その後、定例。建て方が予定より一週...続きを読む

ATMの新設

ATMの新設の画像

間口2m、奥行き約3mの小さな建物は東京に本店を持つ地方銀行のATMブース。企業のコンプライアンスが徹底されている昨今は、こんな小さな建物でも建築確認の認可をはじめ、消防同意や神奈川県の街づくり条...続きを読む

『誘拐遊戯』知念 実希人 著/読了

『誘拐遊戯』知念 実希人 著/読了

女子高生を誘拐する事件が発生した。犯人は四年前に女子中学生を誘拐し、無残に殺害した犯人と同じ「ゲームマスター」を名乗った。ゲームマスターは身代金の運搬役に、四年前の誘拐事件の際に運搬役を務めた刑事...続きを読む

『推し、燃ゆ』が芥川賞受賞

『推し、燃ゆ』が芥川賞受賞

20日、第164回芥川賞と直木賞の選考会が開かれ、芥川賞に宇佐見りんさん『推し、燃ゆ』が、選ばれたそうです。ふだんミステリばかり読んでおり、あまり人が死なない本は読まないのですが、そんな私が珍しく...続きを読む

気が付けば大寒

気が付けば大寒の画像

気が付けば正月の松も取れ、すでに大寒ですが、なんだか早くないですか? などと言っている本日、朝からクシャミが止まりません。これはひょっとしたら、毎年この時期に訪れるアレなのでしょうか? 私はそ...続きを読む

安野光雅氏、逝く

安野光雅氏、逝くの画像

画家の安野光雅さんが、お亡くなりになりました。私がまだ二十代の頃、絵本を集めていた時代がありました。集め始めたきっかけは忘れましたが、集めていた絵本の中に、安野さんの『もりのえほん』と『旅の絵本』...続きを読む

一つ買ってみればよかった

一つ買ってみればよかった

今はこんなものが自動販売機で売られる時代なのね。マスクは二枚入りで200円、アルコール除菌ウエットティッシュは10枚入りで200円でした。ジュースと間違えて買ってしまうところだった。 でもこの...続きを読む

公民館に防犯カメラの増設中

公民館に防犯カメラの増設中

昨年三月に完成した公民館。古い公民館を解体した跡地を公園として整備中です。その公園と隣接する道路周辺の安全を守るために、防犯カメラの設置工事を行います。この防犯カメラ設置費用の一部を行政に補助して...続きを読む

建設現場も感染予防をしっかりと

建設現場も感染予防をしっかりとの画像

政府はコロナ禍感染拡大を考慮して、首都四都府県に加えて大阪や京都などの七府県に緊急事態宣言を出すと決めたようですね。感染が広がっている状況ですから、ある程度の規制や注意喚起は仕方ないと思います。「...続きを読む

HOUZZ コラム『和室の天井デザインにはどんなものがある? 和モダンにも活かせる形や素材』

HOUZZ コラム『和室の天井デザインにはどんなものがある? 和モダンにも活かせる形や素材』の画像

建築コミュニティ・サイト『houzz』に、今年最初のコラムを掲載していただきました。 近頃は和室のある家が少なくなりましたが、お正月はやはり和室が似合いますよね。そこで2021年新年最初のコラ...続きを読む

『神話の密室 天久鷹央の事件カルテ』知念 実希人 著/読了

『神話の密室 天久鷹央の事件カルテ』知念 実希人 著/読了

不可思議な密室で起きた謎の変死事件を扱った中編二編が収録されています。 アルコ―ル中毒患者が入院する閉鎖病棟内で、アルコールが一滴もない筈なのに泥酔を繰り返すミステリ作家。千人以上の観客が見守...続きを読む

最近の画像

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム
  • 0465-35-1464

このページのトップへ