ポケットの中のガーゼマスク

古代ローマの浴場は、社交としての娯楽の場所だった。しかし娯楽が高じて、だんだんと不謹慎な享楽的要素が強くなり、不道徳な恥ずべき場所として避けられていくようになる。また湯を沸かす為の燃料の調達も難しく、汚れたお湯をそのまま使い続けることにより、伝染病が蔓延する事態にも陥った。やがて人々は入浴する事を止め、手や顔を桶で洗う程度となり、生涯に一度も入浴しない人までいたという。つまり不潔が美徳な時代だ。しかし体臭を隠すことは出来なかった。そこで生まれのが香水の起源だという。

話しはクルリンパっ!と変わるが、今、マスク不足が叫ばれているが、私の子供時代、マスクと言えばガーゼで出来ており、給食当番の時には着用が義務付けられていた。そのマスクは制服のポケットに無造作に突っ込まれており、給食の配膳時に白衣に着替える際、ポケットからおもむろに取り出して着用していた。そして用が済むとまたポケットに突っ込まれ、下手をすると給食当番の一週間は、ずっとポケットの中が定位置だった。そして給食の無い土曜日に、一週間の役目を果たしたマスクは、洗濯かごに放り込まれる。次の出番は当分ない。洗い終わり、乾かされたガーゼマスクはタンスの中に仕舞われる。次の出番は、たぶん4週間ほど後のこと。

ところが最近のマスクは、基本的にその日のうちにお役御免となる、使い捨ての紙製のものが主流だ。ガーゼマスクを使っている人をあまり見かけることは無い。たぶん給食当番の子供たちだって、紙製の使い捨てマスクなのだろう。で、話を戻すが、マスク不足は悪しき消費文化時代の象徴なのではないだろうか? ならばこの際紙のマスクは止めにして、ガーゼマスクが主流だった時代への復活を目指してはどうだろう。などと私が言わなくても、最近は布製の手作りマスクに注目が集まっているようだが、この際、完全にそちらにシフトしてしまえば、非常時にマスク不足などと言う困ったことにはなら無い筈。なぜなら、必要な時にはタンスから引っ張り出せば良いのだから。医療関係者はそうはいかないと言うかもしれないが、紙のマスクが登場する前だって、上手いこと遣り繰りしていた筈なのだからナントカナル。 

人は賢いので、何かに困った時に慌てずに考えれば、きっと良い解決方法を見付けられる。そして時にはそれが、新しい文化になるかもしれない。まっ、冗談半分で書いているが、残り半分は意外とマジだったりする。ちなみにホラー映画を観ていて、ペストマスクを被った人物が出てくると、それだけで凄く怖いと思ってしまうののは、子供の頃に観た映画のトラウマ。

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

ブログランキングに参加しています。
宜しければ応援の一押しを、宜しくお願い致します。

コメント(1)

ベティ (2020年3月19日 20:02)

手作りマスク大賛成です

コメントする

< 映画を観に行きたいが...  |   一覧へ戻る   |  気になる三角の変形狭小地 >

最近の画像

お問い合わせ

  • お問い合わせフォーム
  • 0465-35-1464

このページのトップへ